に投稿 コメントを残す

ディンギー運搬方法①(カートップ)

前回投稿にて、ヨットの運搬は主だった方法で4つありますよ!
というお話しをさせていただきました。
①乗用車にカートップして運ぶ
②ボートトレーラーを使用して運ぶ
③レンタカーを借りて運ぶ
④緑ナンバーのトラックで運ぶ

まずは1つ目《乗用車にカートップして運ぶ》について考えてみたいと思います

IMG_7113
乗用車にカートップして運ぶ際、必要なものは下記の通り
・運転免許証(普通運転免許でOK)
・乗用車
・ルーフキャリア
・屋根に積載する際(降ろす際)の人手
・積載したヨットを固縛するロープ等
・目的地まで安全に到着する運転技術、体力(長距離移動の場合は特に)
・その他
続いてカートップで運ぶメリット、デメリットを考えてみましょう。
メリット
①車とルーフキャリアがあれば一番安価な輸送手段
②自分の移動と同時にヨットを運搬できる
③高速道路料金も乗用車扱いでOK
④狭い場所でも入っていける
⑤その他
デメリット
①屋根に積載する際(降ろす際)に人手が必要
②その他
*合法的に積載できるのであればデメリットはあまり考えられません。
その他注意点
・積載するもの(艇体、マスト等)が車の全長10%を超えないこと
・積載するものが自動車の幅を超えないこと
・積載した状態で積荷の最大高が地面から3.8mを超えないこと
>>道路法、道路交通法についてはこちら
最後にまとめますと、
カートップはシングルハンドやテーザー級のような艇の運搬に適しているようです。
艇重量が軽いこと、マストが分割でき乗用車の全長を超えないこと、
等が大きな理由かと思います。
 
次回は《ボートトレーラーを使用して運ぶ》について考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です