に投稿 コメントを残す

ディンギー運搬方法④(緑ナンバートラック)

ヨットの運搬は主だった方法で4つありますよ!
というお話しをさせていただいています。
①乗用車にカートップして運ぶ
②ボートトレーラーを使用して運ぶ
③レンタカーを借りて運ぶ
④緑ナンバーのトラックで運ぶ

今回はいよいよ最後《緑ナンバーのトラックで運ぶ》について考えてみましょう
IMG_7577

緑ナンバーのトラックで運ぶ=運送会社(運びのプロ)に任せる、ということです。
プロの運送会社に依頼し、ヨットを運ぶ際に必要なものは下記の通りです。
・荷台に積載する際(降ろす際)の人手
・複数艇積載する場合は段積みできるラック
・積載したヨットを固縛するロープ等
続いて《緑ナンバーのトラックで運ぶ》際のメリット、デメリットを考えてみましょう。
メリット
①運搬する車(乗用車、トレーラー、レンタカー)を準備しなくてよい
②ラックを固定する道具や緩衝材等を借りることができる
③運転するのはプロドライバーなので、基本運転操作に慣れており安心できる
④万一の事故があった場合でも荷物保険等で対応可能
⑤その他
デメリット
①車両サイズ、輸送距離に応じて運送費用がかかる
②荷台に積載する際(降ろす際)に人手が必要
③関係者以外は原則トラックに同乗不可
④その他
注意点
・積載するもの(艇体、マスト等)が車の全長10%を超えないこと
・積載するものが車の幅を超えないこと
・積載した状態で最大高が地面から3.8mを超えないこと
>>道路法、道路交通法についてはこちら
まとめると、
運送会社に依頼しヨットを運ぶ手段は、運送にかかる費用は安くないかもしれませんが、
自身が不慣れなトラック運転をする心配や手間、
万一事故を起こしてしまった場合のリスクを回避することができる手段だと思います。
ここまで紹介した4つの輸送手段について、
どの手段にも長所、短所があり、それを選択するのは皆さんです。
今後、遠征される際、メリット、デメリットをよく考えてベストな選択をされてください!
最後になりますが、今回のテーマ《緑ナンバーのトラックで運ぶ》は我々の本業です、
よってお伝えさせていただきたいことはまだまだ山のようにあります。
(輸送効率、確実な積載方法、運送会社の事情都合、スケジュール、その他)
今後、複数回にわたり、詳細にお伝えしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です