に投稿 コメントを残す

屋根付きトラックに積載・運搬する際、知っておいてほしい事

 
トラックには、屋根の付いているトラック(ウイング車、箱車)、
屋根の付いていないトラック(平ボデー車、クレーン車)があります。
今回は、
屋根付きトラックに積載・運搬する際、知っておいてほしいこと!
についてお伝えしたいと思います
ウイング車(和歌山)
前回、ウイング車(屋根付きトラック)での運搬依頼要請が高まっています、
というお話しをいたしました。
・積荷が雨等で濡れる心配がない
・積荷が風で飛ばされたり、破れたりする心配がない
・積荷が紛失する可能性が少ない
こんな理由が選ばれるポイントなのかと思います。
ただし、ウイング車で艇を積載運搬するためには
当然のことながら積荷の最上高がトラック荷台内高よりも低くなければなりません。
ではウイング車の一般的な荷台サイズは?
・4tウイング                            = 2350mm前後(荷台内高)×6200mm(荷台長さ)
・大型ウイング車(ノーマル車)    = 2500mm前後(荷台内高)×9600mm(荷台長さ)
・大型ウイング車(低床車)        = 2650mm前後(荷台内高)×9600mm(荷台長さ)
*荷台の仕様によってサイズが異なるので注意が必要です。
よってウイング車での運搬をご希望の場合、
自分たちの積荷最上高と依頼するトラックの荷台内高を把握しておく必要があるのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
と前回投稿にてお伝えいたしました。
さらに補足しますと、少し業界の専門的な話しになりますが、
大型トラックには高床車、中低床車、低床車という大まかに3タイプの車両があります。
高床車  = 地上から荷台高さが約1400〜1500mm(荷台内高 2200mm前後)
中低床車 = 地上から荷台高さが約1200mm(荷台内高 2500mm前後)
低床車  = 地上から荷台高さが約1000mm(荷台内高 2650mm前後)
ではトラックをチャーターする場合の費用はタイプによって異なるのでしょうか?
高床車、中低床車のチャーター料金はさほど変わりませんが、
低床車の場合、高床車、中低床車に比べ値段は10〜25%程度高くなる!のが一般的です
*理由はトラック購入費用、燃費やタイヤ等、維持費が低床車の方が高いため
あまり細かいことを覚えておいていただく必要はありませんが、
大型ウイング車をチャーターする場合、
・低床車は内高が高くて使い勝手が便利である
・しかし値段は一般的には割高である
ということを豆知識として知っておいていただければと思います。
*そんな事情からも低いラックがあれば、割高な低床車をオーダーしなくてもよい訳です。
ウイング車(唐津)
また高さ以外にも注意していただきたい点があります。
4tウイング車にて運搬希望の場合、注意が必要なのはマストの長さです。
FJ級、420級のマストは荷台の長さ(6200mm)に収まるようですが、
スナイプ級、470級のマストは4tトラックの荷台長さに収まりきりません。
後ろの扉を開けて走行することができないため、4tウイング車にて
スナイプ級、470級のマストをセットにした運搬は難しいということになります。
以上、 ヨット積載、車両タイプ、費用の関係についてお分かりいただけましたでしょうか?
この関係について、少しでも理解していただければ幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です