に投稿 コメントを残す

平ボデー車にできて、ウイング車にできないこと!?

前回の投稿で、 ”積荷が雨で濡れないウイング車” について説明しましたので、
今回はウイング車(屋根あり)と対照的な平ボデー車(屋根なし)について
ご説明いたしましょう!
平ボデー
では平ボデー車にできて、ウイング車にできないこととは!?
・重量の重いレスキューボートをクレーンで積降ろしすること
・高さが2650mm以上ある積荷を積載すること
 
おさらいにはなりますが、前回投稿では下記内容をお伝えいたしました。
以下
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さらに補足しますと、少し業界の専門的な話しになりますが、
大型トラックには高床車、中低床車、低床車という大まかに3タイプの車両があります。
高床車  = 地上から荷台高さが約1400〜1500mm(荷台内高 2200mm前後)
中低床車 = 地上から荷台高さが約1200mm(荷台内高 2500mm前後)
低床車  = 地上から荷台高さが約1000mm(荷台内高 2650mm前後)
ではトラックをチャーターする場合の費用はタイプによって異なるのでしょうか?
高床車、中低床車のチャーター料金はさほど変わりませんが、
低床車の場合、高床車、中低床車に比べ値段は10〜25%程度高くなる!のが一般的です
*理由はトラック購入費用、燃費やタイヤ等、維持費が低床車の方が高いため
あまり細かいことを覚えておいていただく必要はありませんが、
大型ウイング車をチャーターする場合、
・低床車は内高が高くて使い勝手が便利である
・しかし値段は一般的には割高である
ということを豆知識として知っておいていただければと思います。
*そんな事情からも低いラックがあれば、割高な低床車をオーダーしなくてもよい訳です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以上、ここまで
とお伝えしましたが、
この理屈はウイング車であっても平ボデー車であっても大方同じです。
ただ異なるのは、平ボデー車は屋根がない分、
ウイング車に比べプラス10~15cm高い荷物を積載することが可能です
ウイング車の場合
高床車  = 地上から荷台高さが約1400〜1500mm(積荷高さ上限 2200mm前後
中低床車 = 地上から荷台高さが約1200mm(積荷高さ上限 2500mm前後
低床車  = 地上から荷台高さが約1000mm(積荷高さ上限 2650mm前後
  ↓
平ボデー車の場合(天井がないことにより)
高床車  = 地上から荷台高さが約1400〜1500mm(積荷高さ上限 2300mm程度

中低床車 = 地上から荷台高さが約1200mm(積荷高さ上限 2600mm程度
低床車  = 地上から荷台高さが約1000mm(積荷高さ上限 2800mm前後
*荷物を積載した状態で高さが地上から3800mmを超える場合、許可の申請が必要
>>道路法、道路交通法についてはこちら

 
と各車種において、平ボデー車の方が高い荷物を積載できることがわかると思います。
*たかが10~15cmと思われるかもしれませんが、その数センチがとても大きいのです、
皆さんも保有しているラック最上段に艇を積載し、ぜひ高さを計測してみてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
スクリーンショット 2015-08-29 7.21.17
(*イメージ図参照)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
まとめになりますが、一向に減少しない悲惨な交通事故等を鑑みて、
昨今、運送業界においても法令遵守や罰則が年々強化されています。
そんな世の風潮もあり、運送業者である私たちはもちろんのこと、
ご利用者皆様におかれましても、ルールを理解、遵守する意識がますます必要です。
皆様が、運送会社にヨットの輸送依頼をする際、
”自分たちの 積荷の高さは◯◯cmです!” としっかり伝えることができれば、
受付担当者も積荷の形状がよりイメージできるでしょうし、
また場合によっては割高な低床車を不必要に手配することもなくなろうかと思います。
交通ルールが守れることにより、運搬の際、より安全で時に経費節約にもつながる、
”積荷の高さ”
について是非意識されてみてください!

皆様、運送会社の双方にとって車両選定や打合わせもきっとスムーズに進むはず^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です