に投稿 コメントを残す

4つのディンギー運搬方法

前回投稿で、
主なヨット(ディンギー)運搬方法には

・物流会社に運搬を依頼する
・レンタカーを借りて自分でトラックを運転して運ぶ

方法があると書きました。


それ以外にも
主要なディンギー運搬方法があと2つほどありました。

・乗用車にカートップして運ぶ
・乗用車にヒッチメンバーをつけ、ボートトレーラーで牽引して運ぶ

方法です。


それぞれの運搬方法にメリット、デメリットがありますので、
順次解説していきます。


☆カートップ

(メリット)
・自分の所有車両で運搬可能
・コストが安い(必要なものはルーフキャリアと固定するベルトくらい)
・その他

(デメリット)
・ルーフキャリアが必要
・乗用車の全長、幅以上の艇やマストの積載が困難
・複数艇の積載が困難(シングルハンドやOP等を2段重ねしている強者もいますが)
・その他


☆ボートトレーラー

(メリット)
・必要なもの(トレーラー、ヒッチメンバー、その他)が準備できていれば安価で複数艇を運搬可能(艇の組合せによっては過積載に注意)
・その他

(デメリット)
・初期費用がかかる(トレーラー購入費、ヒッチメンバー装着費、ラック、その他)
・ボートトレーラーの維持費(車検は1年毎、未使用時の保管場所が必要)
・全長が長くなるので少なからず事故の可能性UP(牽引する乗用車+トレーラー長さ6M前後)
・その他


☆レンタカー

(メリット)
・物流会社と同サイズのトラック(2トン、4トン)を物流会社に依頼するより安価で手配可能
・その他

(デメリット)
・普段乗り慣れていないサイズの車両を自分で運転するリスク
・2007年6月1日以降、中型免許、その後準中型免許が創設されたため、以降の普通免許取得者は2t、4tトラックは運転できなくなりました
・その他


☆物流会社に依頼する

(メリット)
・自分で運ばなくて良い(リスク回避)
・複数の艇を一度に遠方まで運搬可能
・万一、事故があった場合、保険で対応可能(そうでない物流会社もあるので注意が必要)
・その他

(デメリット)
・運送費用がかかる(高い?)
・事前の打合せ、調整が必要、面倒?
・物流会社の大半はヨット輸送に対する認識、理解度が低い(説明が難しく、敬遠されることも)
・その他



以上が、4つのディンギー運搬方法についての
メリット、デメリットになります!




今後、我々物流業界人はわかっていても
ディンギー輸送を依頼したいユーザー皆様が
わからない、わかりにくいことについて
このブログを通じて、解説していきます!






私たち丸玉運送グループは
物流企業人として社会、人の役に立ち、
共に働いてくれる人材を募集しています
(ヨット部あります^_^)
http://recruit.marutamaunsou.co.jp/recruit/detail-yachthttp://recruit.marutamaunsou.co.jp/recruit/detail-yacht
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です