に投稿 コメントを残す

ディンギーをウイング車で運びたい方②

前号でウイング車にディンギーを積むためには、
積荷が荷台寸法内(大型ウイング車:長9.6m、高さ約2.65m、幅2.33m)に収まらなければ
積載できないという(当たり前の)ことを書きました。

それでは日本国内で最も普及しているF社製ラックを使って、
大型ウイング車にディンギー6艇を積載するには、
どのようにすれば積めるのでしょうか?

私たちが考えるところ、
以下2つの方法があります。

①最上段に積載する艇を180度ひっくり返し(おかまにして)積載する。



②ラックに改造を加え、ラック全体の高さを10cm下げる。(1段の間を85cmから80cmに)

*実際に艇を積載しトラック荷台に積んでいる写真がなくイメージつきにくいかもしれません。

・高さを下げるため段の隙間を85cm→80cmに(穴をあけ直す、業者さんにご相談下さい)
・一番上のバーの位置が約181cmになり、その上に艇を載せると高さ約261cm前後になる



1段のスペースを5cm狭くすることで、
艇を積む際に一手間かかりますが、
最上段の艇をひっくり返さなくとも荷台内に収まるため、
大型ウイング車への積載が可能となります。




また大型ウイング車には

・高床ウイング車(高さ約24ocm)
・中低床ウイング車(高さ約255cm)
・低床ウイング車(高さ約265cm)
のおおよそ3タイプがあります。

*特注ウイング車(高さ約270cm)


物流業者へご発注の際は、
低床ウイング車を依頼するようにしてください。

に投稿 コメントを残す

ディンギーをウイング車で運びたい方へ

ディンギーを運ぶのに適したトラックには、
中型(4トン)トラックと大型トラックがありますが、
荷台タイプには平ボデー(屋根がない)と
ウイング(屋根があり両アオリが翼のように開閉する)の2種類があります。
http://www.marutamaunsou.co.jp/aboutus/trucks


平ボデーは現在弊社がヨット輸送で主力としているタイプになりますが、
昨今はウィング車に積めませんか?という声を度々いただきます。


その理由(メリット)はこんなことからだと思います

ウイング車は荷台を密閉できるため、
・積荷が風雨にさらされる心配がない
・手荷物等を含む積荷が紛失、盗難に合う可能性が極めて低い
・荷物が路上に落下する可能性が極めて低い
・その他

上記理由から、
荷台を密閉できるウイング車は平ボデー車に比べ、
安心感があるのだと思います。

また、平ボデーとウイングをチャーターした場合の
運送費対比につきましてもよく尋ねられますが、
弊社ではどちらの車種を指定いただいても運送費は同一です。


では、ウイング車にはメリットが複数あって
デメリットが少ないにもかかわらず、
なぜ弊社がディンギー輸送で平ボデー車を手配するのか。

それは艇数、艇種、積載備品によっては
積荷が荷台に収まらない恐れがあるからです。



おさらいになりますが、ウイング車の荷台サイズは、

①長さ=中型トラック約6.2m、大型トラック約9.6m
②高さ=中型トラック約2.4m、大型トラック約2.6m
③幅 =中型トラック約2.1〜2.3m、大型トラック約2.35m

①長さについて、
470級、スナイプ級を積載する場合、
中型トラックに艇は積載できるものの、マストが収まりません。
*大型トラックには積載可能です。

②高さについて、
470級、スナイプ級をラックを使用し3段重ねで積載する場合、
中型トラック、大型トラックともに高さ不足で天井にあたってしまいます。


国内ディンギー界で最も普及しているのは、
F社製のアルミラックかと思いますが、
そのラックに船台ごと3段積みした場合、
最も高い位置は270cm超でした。

ということは大型ウイング車に積載を試みた場合、
積荷が5〜10cm低くないと荷台には収まらない理屈になります。
(中型トラックの場合、約30cm低くしないといけない)


積荷の高さは各チームが保有しているラック(種類、サイズ)によって
異なりますが、残念ながら私たち物流会社は
各チームが保有されているラックのサイズについて把握しておりません。


という背景から、
今後ウイング車でのディンギー積載、輸送を希望されるチームは、
積荷の最も高い位置が何m何cmなのかをしっかり把握の上、
荷台高さ以内に収まるのであれば、
ウイング車をオーダーしていただけたら良いと思います。


次号では、ウイング車を使用したいものの、
現在所有のラックでは高さがクリアできない場合の
対処方法について説明させていただきます^^
に投稿 コメントを残す

我々物流事業者が大会最終日に注力すること

現在、全日本学生ヨット選手権大会が
兵庫県新西宮ヨットハーバーで開催されています。

初日は2レース行われたものの、
残念ながら昨日、今日は風が安定せずレースができていません。

そんな大会も明日最終日を迎えようとしています。

大会最終日に注力すること

選手、関係者であれば、
自分(たち)の最終成績!
が当然のことながら気になることでしょう。

が、私たち物流事業者が大会最終日に注力していることは、

オーダーいただいたお客様に、

・こちらの都合でお待たせすることなく、
・いかにスムーズにトラックへの積込み作業を始めていただくか、

ということ。

とはいえ積込み作業は実質選手皆様にお願いせざるを得ないため、

我々物流事業者ができることといえば、

・ご指定いただいた時間までにトラックをハーバー付近に待機させ
・お声がかかり次第速かに入場できるよう準備しておくこと

になります。

そのために我々は積込日前日までに、
事前にご登録いただきましたご担当車様に、
トラック情報をお伝えしております。

・運送会社名
・車両番号
・乗務員名
・携帯番号

また事前にご登録いただいたご担当者様の連絡先を
当該ドライバーに伝えてあります。


おそらく明日の午後は搬出のため、
50台前後のトラックが
新西宮ヨットハーバーに集結するものと思われます。

オーダーの際、
事前に積込み指定時間のご連絡をいただいていますが、

ヨット大会の場合、
レースの消化状況、コンディションによって
積込み開始時間が大幅に前後することが通常です。

ハーバーへの入場、
積込み作業が少しでもスムーズに行くように、
各校ご担当者様は、
ドライバーと連絡を取り合っていただき、
適切なタイミングで
ハーバー内にトラックを誘導いただけますようお願いします。

大会終了後の全出場校の積込み作業が、
安全、確実、スムーズに進みますように!

========================================

このブログでは
ディンギー輸送の際、
我々物流業界人はわかっていても
ユーザー皆様がわからないこと、わかりにくいこと
についてお伝えしていきます

遠征等でトラックを使用される場合は、
ディンギーの積載、運搬方法を正しく理解し、
安全確実で、効率の良い輸送方法を選択してください

========================================

私たち丸玉運送グループは
物流業界人として社会、人の役に立ち、
共に働いてくれる人材を募集しています
(ヨット部あります!)
>>募集要項はこちらから

========================================

に投稿 コメントを残す

支援艇を積込、運搬する際の注意点

前回はトラックにディンギーが何艇積載できるのか?
というテーマでしたが、
今回は支援艇をトラックに乗せる際の注意点についてお伝えしたいと思います。

現在兵庫県西宮市において全日本学生選手権が開催されています。
ここ数年、多くの出場校が競技艇(470級、スナイプ級)に加え、
海上で選手をサポートするための支援艇を持ち込む学校が増えています。

総合優勝を目指す強豪校においては3艇準備している学校もあるほどで
(470級に1艇、スナイプ級に1艇、順位記録用に1艇)、
毎年海上でのサポート体制が手厚くなってきているように思えます。

さて、支援艇運搬の際の車種選定について

おさらいにはなりますが、
4tトラックの荷台長さは6.2m、大型トラックの荷台長さは9.6m。

よって、全長6m以内のボートであれば、4tトラックを選択すればよく、
それを超えるサイズの場合は大型トラックを選択する必要があります。

支援艇にも様々なサイズ、種類がありますが、
今回はハードボトム、60馬力のエンジンを搭載した
全長6m弱のボートを例に取り上げたいと思います。

上記サイズのボートはおおよそ500〜600kgほど重量があるため、
ディンギーのように人力でトラック荷台に積み下ろしすることは困難です。

よってハーバークレーンやフォークリフト等の重機を使用して
積み下ろし作業をする必要があります。

荷台に積込み、固縛、運搬する際に注意していただきたいことは、
以下の通りとなります。

①できる限り船台のタイヤは外す。(走行中の振動でシャフトが折れることがあるので)
②船台のタイヤを外すことができない場合、板木等を使いタイヤ(車輪)をかさ上げする。
③船台は船台単独で固縛する。
④ボートはボート単独で固縛する。

注意すべきポイントはこんなところでしょうか。

最後に積み下ろしの際に必要となる重機使用料についてですが、
大半のヨットハーバーの場合、
フォークリフト利用料よりもハーバー備え付け用クレーンの方が割高なのが一般的です。

よってフォークリフトで作業可能な場合は、
リフトを選択した方がコストメリットがあると思います。

ただ残念ながら、
フォークリフトもハーバークレーンもないヨットハーバーもありますので、
その際はクレーン付きトラック(通称ユニック車)という選択肢を考える必要があります。

クレーン付きトラックは通常運送会社に依頼することで手配可能ですが、
稀少車両なため、昨今は手配がつきにくいことが多くなっています。
(クレーン車ご注文の際は、特に早めのご相談、ご注文をお勧めいたします。)

チャーターした場合の費用は作業内容にもよりますが、
フォークリフト使用料の5〜10倍以上になることもあります。

費用面についても十分にご注意ください。

========================================

このブログでは、
ディンギー輸送の際、
我々物流業界人はわかっていても
ユーザー皆様がわからないこと、わかりにくいこと、
について出来るだけわかりやすくお伝えしていきます

遠征等でトラックを使用される場合は、
ディンギーの積載、運搬方法を正しく理解し、
安全確実で、効率の良い輸送方法を選択してください

========================================

私たち丸玉運送グループは
物流業界人として社会、人の役に立ち、
共に働いてくれる人材を募集しています
(ヨット部あります!)
>>募集要項はこちら