に投稿 コメントを残す

4つのディンギー運搬方法

前回投稿で、
主なヨット(ディンギー)運搬方法には

・物流会社に運搬を依頼する
・レンタカーを借りて自分でトラックを運転して運ぶ

方法があると書きました。


それ以外にも
主要なディンギー運搬方法があと2つほどありました。

・乗用車にカートップして運ぶ
・乗用車にヒッチメンバーをつけ、ボートトレーラーで牽引して運ぶ

方法です。


それぞれの運搬方法にメリット、デメリットがありますので、
順次解説していきます。


☆カートップ

(メリット)
・自分の所有車両で運搬可能
・コストが安い(必要なものはルーフキャリアと固定するベルトくらい)
・その他

(デメリット)
・ルーフキャリアが必要
・乗用車の全長、幅以上の艇やマストの積載が困難
・複数艇の積載が困難(シングルハンドやOP等を2段重ねしている強者もいますが)
・その他


☆ボートトレーラー

(メリット)
・必要なもの(トレーラー、ヒッチメンバー、その他)が準備できていれば安価で複数艇を運搬可能(艇の組合せによっては過積載に注意)
・その他

(デメリット)
・初期費用がかかる(トレーラー購入費、ヒッチメンバー装着費、ラック、その他)
・ボートトレーラーの維持費(車検は1年毎、未使用時の保管場所が必要)
・全長が長くなるので少なからず事故の可能性UP(牽引する乗用車+トレーラー長さ6M前後)
・その他


☆レンタカー

(メリット)
・物流会社と同サイズのトラック(2トン、4トン)を物流会社に依頼するより安価で手配可能
・その他

(デメリット)
・普段乗り慣れていないサイズの車両を自分で運転するリスク
・2007年6月1日以降、中型免許、その後準中型免許が創設されたため、以降の普通免許取得者は2t、4tトラックは運転できなくなりました
・その他


☆物流会社に依頼する

(メリット)
・自分で運ばなくて良い(リスク回避)
・複数の艇を一度に遠方まで運搬可能
・万一、事故があった場合、保険で対応可能(そうでない物流会社もあるので注意が必要)
・その他

(デメリット)
・運送費用がかかる(高い?)
・事前の打合せ、調整が必要、面倒?
・物流会社の大半はヨット輸送に対する認識、理解度が低い(説明が難しく、敬遠されることも)
・その他



以上が、4つのディンギー運搬方法についての
メリット、デメリットになります!




今後、我々物流業界人はわかっていても
ディンギー輸送を依頼したいユーザー皆様が
わからない、わかりにくいことについて
このブログを通じて、解説していきます!






私たち丸玉運送グループは
物流企業人として社会、人の役に立ち、
共に働いてくれる人材を募集しています
(ヨット部あります^_^)
http://recruit.marutamaunsou.co.jp/recruit/detail-yachthttp://recruit.marutamaunsou.co.jp/recruit/detail-yacht
に投稿 コメントを残す

最適なヨットの輸送方法

しばらく投稿が滞っていましたが、
今後もヨット及び輸送に関連する情報を発信していきます!

遠征でヨットを運搬する際は物流会社に依頼する方法と、
自分たちでレンタカーを借りて運搬する方法があり、
どちらにもメリットとデメリットがあるかと思いますので、
その選択は各チームにてご判断ください。

今後、物流業界人にはわかっているけれども、
ご利用者の方にとってわかりにくいことについてお答えしていきます。


まずヨット(や支援艇)を運ぶ際、
どのような種類のトラックで運ぶことが可能で、効率的なのか?
という問いについて。

運送会社と言っても日本国内になんと6万社以上あり、
軽トラックから荷台長12メートルあるトレーラーまで
各会社ごと、用途に合わせて様々な種類の車両を保有しています。

・軽トラック(普通免許で運転可能)
・2tトラック(準中型免許で運転可能)
・4tトラック(中型免許で運転可能) *2007年6月1日前に普通免許取得者は運転可能
・大型トラック(大型免許で運転可能)
・トレーラー(牽引免許で運転可能)

*4tトラックを中型トラック、大型トラックを10tトラック、増トントラックと呼んだり、
いろいろな呼び名があります。
詳細につきましては専門サイトにてご確認ください。


輸送形態には宅配便のように複数のお客様、荷物を混載する積合わせ輸送と、
1つのお客様、荷物で車両1台を貸切りするチャーター輸送があり、
弊社、および多くの物流企業はチャーター輸送という形態を取っています。

同じ距離を運搬する場合、
車両サイズが小さい方がチャーター費用が安いことが通常ですが、
軽トラックや2tトラックは稀少車両でもあり(レンタカーは除く)、
中長距離運行に向いていないためかえって割高になることが多いです。

上記事情もあり、弊社のヨット運搬の主力車種は
4tトラックと大型トラックになります

ただし4tトラック、大型トラックと一概に言っても
荷台の種類、サイズ等、さまざまですので、
次回以降、順次ご説明していきたいと思います。



大会遠征でヨットを運搬する場合、
トラックの特性や業界事情をよく理解して、
安全で効率の良いヨット輸送方法をご選択ください!



私たち丸玉運送グループは物流企業人として世の役に立ち、
共に働いてくれる人材を募集しております。(ヨット部あります!)