に投稿 コメントを残す

同じ輸送距離でも条件によって運送費は異なります!

ここ数日、
全日本インカレ(江ノ島)出場校、ヨット輸送発注担当者様より連絡をいただきます
スクリーンショット 2015-10-06 8.30.42
主な問い合わせ内容は、
・希望スケジュールで運搬可能か否か、
・希望スケジュールで運搬した場合、いくらかかるのか、
*大学ヨット部に限らず、弊社サービスにご相談いただく内容はほぼこの2点です。
希望スケジュール優先で運搬希望される場合
希望スケジュールをご連絡いただき、
その行程で車両手配した場合のお見積り額を提示いたします。
その上でご利用の判断をお願いいたします。
*学校から費用の支援がある場合はこのケースが多いようです。
運送費を抑えて運搬希望される場合
距離にもよりますが、どのようなスケジュールで運搬すれば追加費用がかからないか、
ルールを理解してスケジュール等を確定されることをお勧めいたします。
*選手の自己負担が大きい場合はこのケースが多いようです、
出所はともかく、費用は安いに越したことはないですよね。
今回は ”運送費を抑えて運搬希望” の方に向けて詳しく説明したいと思います!
最近は宅急便の進化等により、時間指定をしても、また荷物を数日間預かっていただいても
同じ配送エリアであれば追加料金を取られるケースは少ないと思います。
ただ我々のように車両を貸し切ってご利用いただく運送形態の場合、
A〜B地点、たとえ同じ距離を運んでも運送会社事情により、平日、休日の積降ろし、
また積降ろし開始時間(≒荷台の占有時間)によって運送費総額が異なることが一般的です。
では運送費総額はどのように決まっているのでしょうか?
弊社の場合を例にご説明させていただきます。
*各社によって基準が異なり、全ての運送会社が同じということではありません。
①基準運送費 *距離(エリア)によって異なります
②最寄りのインターから最寄りのインターまでの高速料金
③休日積込み、降ろしの場合、基準運送費に対し10%〜の割増料金
④クレーン付きトラック等、特別車の場合、基準運送費に対し30%〜の割増料金
⑤艇積込み開始時間が早朝〜午前の場合、基準運送費に対し10%〜の割増料金
⑥艇受取り開始時間が午後〜夕方の場合、基準運送費に対し30%〜の割増料金
*⑤と⑥が両方の場合、2つの足し算となります。
⑦翌日届く距離(200〜700km程度)に対し、余分に1日以上積置く場合、別途割増料金
*但し、休日を挟む積置きには費用はかかりません。
⑧その他
上記①〜⑧の足し算が私たちが皆様にご請求させていただく運送費用の総額となります。
①②は弊社サービスをご利用いただく場合、必ずいただく費用になります。
③〜⑧はスケジュール調整や工夫次第で節約可能な項目になります。
今回の江ノ島インカレに関わる輸送の場合、
輸送距離が300kmを超えるケースがほとんどです。
その場合、前日(平日)午後〜夕方までの間に積込み、
翌日(距離によって翌々日)午前(平日)受取り、が割増料金が発生しない行程です。
ご参考までに、その理油として我々のような形態の運送会社は、
午後〜積込み→翌日午前降ろし→移動、午後〜積込み→翌日午前降ろし→移動、午後〜積込み
のサイクルで配車を組み、半日以上の空車状態が起こらないように予定を組んでいます。
上記事情から、お客様スケジュールによって前後の荷物が積めないロスが発生する場合、
その分を負担していただかざるを得ず、追加料金を加算させていただいています。
ただどうしてもスケジュール変更できない場合は追加料金も致し方ないと思いますが、
(例えば日曜日に大会が終わり、その日に積込みせざるを得ない場合等。)
同じ距離にもかかわらず、このような業界ルールを知らないことで、
余分にお金を支払うことはもったいない、とずっと思っているのです。
このような事情を都度各担当者様には説明してきたつもりですが、
代替わりとともに毎年のように担当者も変わるため、なかなか理解が難しいようです。
(またこんなことをわざわざ説明してくれる運送会社も少ないと思います。)
ということで、できるだけ多くの方にこの事実をお伝えしようと
今回のブログに記載させていただいた次第です。
お互いが(ヨット輸送を依頼する側と運送会社)お互いの事情を知ることで、
無駄なお金を払ったり、いただいたりするムダをなくすことができます。
今後運送会社にヨット輸送の注文をされる場合、
このあたりの事情をよく理解し、ご活用いただければ幸いです。
長くなりましたが、最後にもう1点。
昨今コンプライアンスの強化から、トラックドライバーは長時間労働(運転)を避けるため、
休憩、休息を取りながら運転しなければなりません。
遠方距離、時間の兼ね合い等、
お金をいただいてもスケジュール的に無理な運行はお受けできないこともございます。
*わからないことは都度運送会社に相談することをお勧めいたします。
これについてはまた書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です